犬や猫以外のペットのことを総称してエキゾチックアニマルと呼びます。

うさぎやハムスター、小鳥や爬虫類といった動物もこれにあたります。

犬や猫と比べるとエキゾチックアニマルの飼育数はまだまだ少なく、旅行などで預け先を探すのに困った経験がある方も多いと思います。

エキゾチックアニマルをこれから飼う予定の方やまだ預けた経験がない方はぜひ、以下の記事をご参考ください。

エキゾチックアニマルの預け先

知り合いに預ける

メリット

信頼できる友人や知人がいるのであればその人に頼むのが一番良いかと思います。

予約などの手間もかからず、ペットホテルのように高い費用もかかりません。

さらにペットがその人に懐いているのなら安心してお世話を任せることができます。

デメリット

動物を扱うプロではないため、万が一のトラブルに適切に対応できない可能性があります。普段はおとなしいペットでもイレギュラーな環境では通常と異なる行動をすることがあり、適切な取り扱いをしないと最悪の場合事故や脱走などにつながる恐れがあります。

また、トラブルが起きた際に知人だと気まずくなってしまうこともありますので本当に信頼できる方だけに預けるようにしましょう。

ペットホテル(ペットショップ併設)

メリット

近くに頼れる知り合いがいない場合はペットホテルを探す方が多いかと思います。

小動物の生体販売をしているお店であればエキゾチックアニマルの取り扱いに慣れているスタッフもいるので安心です。

デメリット

エキゾチックアニマルを預ける場合は基本的にケージの持ち込みが必須となります。ハムスターケージ1つなど小さいものなら簡単に持ち運べますが、大きなケージで飼われているウサギなどや多頭飼育で複数のケージがある場合は車がないと移動できず、とても手間と労力がかかります。

とくに鳥類や環境変化に慣れていないペットは移動のストレスで体調を崩してしまう場合があるので注意が必要です。

また、基本的にお預かり中は安全面を考慮して放飼や放鳥は行わないことがほとんどのため、長期間預ける場合は運動不足になる恐れがあります。

動物病院

メリット

清潔な環境と、万一の体調変化にすぐに対応できる動物病院という環境はとても魅力的です。

小鳥やハムスターなどの小動物であればケージ1つあたり1000円~など、料金も犬や猫と比較すると安価です。

デメリット

ペットショップ等に併設されるペットホテルと同様にケージごと持ち込む手間がかかります。

また、犬と猫とで診察や入院・ホテルのお部屋が分かれている病院はありますが、小動物用の部屋を常設している病院は少ないため、犬や猫と同じお部屋で過ごさなければならなくなります。繊細なエキゾチックアニマルにとっては大きなストレスとなることでしょう。

また、基本的に犬や猫の取り扱いがメインの病院が多いため、小動物の取り扱いに慣れていない獣医さんや動物看護士が多くいます。体の構造や病気についての知識があっても、飼育方法や詳しい生態を知っているかどうかは別の話なので、預け先の病院がエキゾチックアニマルの取り扱いに積極的なのか確認するようにしましょう。

ペットシッター

メリット

自宅でいつもと変わらない環境でお世話をしてもらえるため、環境変化を嫌う多くのペットにとってストレスが少なく済みます。ペットホテルとは違い他の動物との接触がないため病気などの感染リスクもありません。

またウサギやハムスター、フェレットなど普段お部屋で遊ばせている子であれば同じようにケージから出して遊ばせられるため、運動不足やストレスを解消してあげることができます。手乗りの小鳥であれば放鳥もできるかもしれません。

ペットホテルとは異なり預かりやお迎えの手間がないため、早朝の出発や深夜に帰宅しても帰宅した瞬間に愛するペットに会えるのも嬉しい特典です。

デメリット

留守中に他人が家に入ることになるため、中には抵抗を感じる方もいます。

シッターが帰宅した後、緊急時にすぐに対応することが難しくなります

ペットホテルと比較すると価格が高めです(多頭飼育の場合はホテルより安価になる場合もあります)。

まとめ

以上、エキゾチックアニマルの預け先についてそれぞれのメリットとデメリットをあげてみましたがいかがでしょうか。

「家を空ける予定はないから必要ない」とお考えの方もいるかと思いますが、エキゾチックアニマルの預け先はあまり多くありません。

大事なペットのお世話ができなくなったときのため、いざという時の預け先を普段から確保しておくようにしましょう。

ぺんぎんシッターでは下記の動物も扱っておりますので、すぐにお預けの予定がない場合でも預け先の候補のひとつとして加えていただけますと幸いです。

【小動物】ウサギ、ハムスター、モルモット、チンチラ、フェレット、リス、ハリネズミなど

【鳥類】セキセイインコ、ラブバード、文鳥、フィンチ、うずら、ニワトリ、チャボなど

【は虫類】カメ、ヘビ、トカゲなど

※大型の鳥類や爬虫類等で取り扱いが難しいと判断した場合はお世話をお断りさせていただく場合がございます。その子の性格にもよりますのでまずはご相談くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。